ウインズホーム仕事自慢コンテスト

元郷店の中村です!

ウインズホームでは毎年冬に

「仕事自慢コンテスト」という大会が行われます。

会議室に全店舗の社員が集まり、1年間でどういった仕事を、どのように、どれだけ頑張ったかを発表します。

・お客様に素敵なお家をご紹介するためにこんなことをした!

・わかりやすいようにどういう資料を作って差し上げた!

・同じ店舗の社員に感謝の一言!

等、発表内容は様々。

営業も事務も皆、輝きを放ちながら発表します。

男女別で、最優秀賞、優秀賞が決まるわけなのですが、賞を獲得した方には会社から素敵なプレゼントが・・・

そこで大変恐縮ながら『最優秀賞』をいただきました中村(照

『エクシブホテル1泊2食ペア宿泊券』をいただきました!!!

 banner03

稲葉社長ありがとうございます!!!

エクシブホテルはいろんなところにあるのですが、

私が選ばせていただいたのは

『エクシブ京都八瀬離宮』

 京都20170329_170330_0029

北海道に住む母を連れて一緒に行ってきました♪

それはそれはもう素晴らしい旅になりまして・・・

京都20170329_170330_0028

八瀬離宮廊下

京都20170329_170330_0024

ふかふかのベッド

京都20170329_170330_0025

透明度の高いバスルーム

京都20170329_170330_0076_0

京都20170329_170330_0026

感動して立ち尽くす母

京都20170329_170330_0021

はしゃぐ親子

京都20170329_170330_0023

くつろぎスペース

京都20170329_170330_0012

貴族の庭

京都20170329_170330_0013

水に囲まれて入れない中島

京都20170329_170330_0014

貴族になった気分を味わえる、高級感漂う八瀬離宮。

京都の山奥にある、山に囲まれた静かな宮殿です。

京都20170329_170330_0074_0

なんと晩御飯は稲葉社長イチオシの『鉄板焼きコース』

お料理はどれも豪華で、おいしくて、焼いてくれる貴族の方の手さばきも素晴らしすぎて、さすがにカメラを構える勇気はありませんでした。

八瀬離宮は大自然に囲まれていることもあり、素敵な小川を発見。

京都20170329_170330_0017 京都20170329_170330_0018 京都20170329_170330_0020小鳥のさえずり、川のせせらぎ、新鮮な空気に包まれ、母も私も

『天国!天国!ここ天国!!』という気分でした。

(auCMより)

ホテルを堪能した私たちは、次の日京都観光を楽しみました。

母も私も学生時代の修学旅行以来で、

「行かされてた時」とは違い、

「行きたい!!」と思って行きましたので、当時とは全然違う感動を味わいました。

京都20170329_170330_0008

焼き杉による古風な建築物

京都20170329_170330_0001

「これはまるで!屋根のチューチュートレインやぁ!」

京都20170329_170330_0009情緒あふれる花見小路通り

京都20170329_170330_0004

お抹茶とわらび餅

京都20170329_170330_0040

黄昏の野生の亀

京都20170329_170330_0032

重軽石

京都20170329_170330_0038

伏見稲荷神社

京都20170329_170330_0079_0石庭

という感じで、一眼レフを持って歩き回りました。

それはそれは素敵な景色、街並みで大変良い思い出になりました。

まだまだ写真があるのですが、載せ続けるとブログが終わらないのでこの辺で。

『1日で回った場所』

・伏見稲荷大社 ・清水寺 ・高台寺 ・二条城

・時雨亭(茶室)・圓徳院 ・八坂神社 ・石庭
・法観寺 ・花見小路通 ・掌美術館 ・石塀小路

もう足がパンパンでした。

心も身体もリフレッシュした母と私。

これからも色々がんばろう!と意気込み、

駅弁を食べながら新幹線で帰路につきました。

京都20170329_170330_0058

今年の自慢コンテストも、最優秀賞狙って仕事に励みたいと思います!

投稿日: 作成者: staff  カテゴリー: スタッフ   パーマリンク 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>